オオカミ少年

<郵政見直し>自民幹部「首相あまりに軽率」 容認派も批判

 麻生太郎首相が日本郵政グループの経営形態再編に言及したことに対し、自民党内では6日、民営化推進派だけでなく見直し容認派からも批判が相次いだ。党のプロジェクトチーム(PT)は月内に見直しの結論をまとめるが、現在の4分社化体制を変える郵政民営化法改正に踏み込めば、対立の激化は必至。定額給付金、道路特定財源、消費税増税に続く新たな火種を生みかねず、「首相はあまりに軽率だ」(幹部)との声が広がっている。

 小泉構造改革を支持するグループは6日、首相発言に一斉に反発した。武部勤党改革実行本部長は党役員連絡会で「今さら言われても困る。寝た子を起こすようなことをなぜするのか」と批判。山本一太参院議員は記者会見で「民営化方針を全面的に見直すなら、(自民党が大勝した)この前の衆院選はインチキだったと言われかねない」と指摘した。

 首相にとって、さらに深刻なのは、見直し容認派からも評価されていないことだ。

 PTは現在、党内の民営化推進派にも配慮し、4分社化体制を維持したうえで事業を拡大する方向で意見集約を目指している。

 党政調幹部は「本当は(郵便事業会社と郵便局会社を統合する)3分社化の方がいいが、今そんなことを言えば、郵政選挙の恩恵を受けた都市部の議員が黙っていない」と漏らす。首相の発言は、こうした合意へ向けた努力に水を差しかねないというわけだ。

 党執行部は「首相は質問者の挑発に乗ってポンと言ってしまったんだろう」などと火消しに努めている。大島理森国対委員長は6日、国会内で河村建夫官房長官に「予算委員会で野党に付け入るすきを与えないでほしい」と苦言を呈した。

 「一部に誤解。少なくとも国営化に戻すと言ったことは一回もない。分社化は国民の利便性、経営の効率性、この二つを考える」。首相は6日夜、記者団に、微妙に発言を修正しつつも正当性を強調した。2月6日 毎日新聞



引用が長くなりましたが、もうダメだね麻生さんは・・・。
自らでどんどん首を括っちゃってる。
こんなに四面楚歌の首相って珍しいんじゃないでしょうか?

自民党が今の衆議院第一党であることの意味を、一切白紙に返すような発言。
挙句の果てにはまた「言ったの言わないの」ってねぇ。
これじゃぁ自民党員からも眉を顰められるのは当たり前だし、こんなにしょっちゅう発言が二転三転しているんじゃオオカミ少年と変わりません。
言ってることのどれが本当なのか、国民どころか誰もさっぱりわからない・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-06 21:49 | 時事


<< メール あ~ったかい「うどん」 >>