不愉快犯

「究極の愉快犯」 菅代行が小泉氏批判

民主党の菅直人代表代行は14日、仙台市で街頭演説し、麻生太郎首相を強く批判した自民党の小泉純一郎元首相を「究極の愉快犯だ」と批判、「自分が麻生氏の後のキングメーカーになる展開を狙っている。びっくりする人をすえて、自民党人気を高めようとしている」と指摘した。
2009/02/14  産経新聞


小泉元総理の例の「麻生批判」が政界を大きく揺さぶっています。
政府与党内の不協和音も一気に増幅し、また民主党も郵政選挙の悪夢の再来かと戦々恐々とし始め、風雲急を告げる・・・といった様相を呈し始めました。

それにしても小泉さんという人は、相変わらずかき回すのがお好きな方ですねぇ。
今回の彼のあの発言は、自民党のみならず限りなくメリットが少ない気がします。
彼だけが、依然存在感を示したという事に他ならず、迷惑千万な話です。
引退を明言されている事だし、ご隠居さんは大人しくしてればよろしい。

民主党、菅直人代表代行は「究極の愉快犯」と評されたようですが、ワタシからすれば「究極の不愉快犯」とでも申し上げておきましょう。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-16 08:38 | 時事


<< お酒の飲み方 言っておきますが・・・ >>