お酒の飲み方

低迷政権に追い打ち=中川財務相問題、与党にも辞任論

 中川昭一財務・金融相がローマでの先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後の記者会見で、ちぐはぐな受け答えをするなど失態を演じた問題は、支持率低迷に苦しむ麻生太郎首相に「追い打ち」となった。首相官邸は中川氏を擁護しているが、日本の対外的信用を損ねたことは間違いなく、自民党内にも「こういう体調の人で危機を乗り切れるのか」(参院幹部)と厳しい意見が出ている。野党は中川氏辞任を求めるとともに、首相の任命責任も追及していく構えだ。
 「首相と日本に大変迷惑を掛けた」。16日夜、G7の報告のため首相官邸を訪れた中川氏は、首相にこう陳謝。首相は「体調管理をしっかりして、職務に専念してほしい」と続投を指示したが、その口調は厳しかった。

 首相が野党の辞任要求を突っぱねたのは、中川氏が「酒が(変調の)原因ではない」としていることや、2009年度予算案の国会審議のさなかでもあるためだ。河村建夫官房長官は同日午後の記者会見で「大事な時なので、職務を果たしてほしい」と指摘。政府高官も「この難局で閣僚をそう簡単に代えられるわけがない」と語った。
 しかし、G7後の会見でのやりとりの異常さから、自民党内には「あれは薬だけじゃない。酒をかなり飲んでいたに違いない」(閣僚経験者)と見る向きもある。森喜朗元首相は同日のTBS番組で「非常にお酒の好きな方ですから、気を付けなさいと言ったことがある」と指摘。中川氏を含めた首相の閣僚人事についても「異議」を唱えた。
 与党には、異変を来していた中川氏にそのまま記者会見させた周辺の危機意識の乏しさを問題視する声も出ている。郵政民営化をめぐる首相の迷走発言に続く中川氏の失態に、公明党幹部は「国民は『何をやっているのか』と思う。自民党が(野党に)新しい追及のネタをばらまいている」と怒りをぶちまけた。 2月16日 時事通信


何をどう言い訳した所で、誰がどう見てもあの姿は酩酊状態だよなぁ。
だってさぁ、居酒屋にああいうオヤジたっくさんいるもの。

まぁ簡単に言えば、財務大臣が場所も状況も弁えずに飲酒して、とっても大切な記者会見に臨んじゃった・・・そしてそれが世界中に配信されたってことでしょ?

これ国辱ものですよ。ホントに。

第一風邪薬を通常の倍服用したなんていうのも、常識的には考えられない話。
それに薬を服用しているにも拘らず、機内とかパーティー会場ではしっかりお酒も飲んでいたのも事実なわけですよね(たとえ会見の前に飲酒はしていなかったとしても)。

こんなの自己管理が出来ていない事を自ら宣言してしまったようなもので、これでどうこう言った所で何の説得力もないのは自明の理。
f0056698_94764.jpg


もはや死に体の麻生政権ですが、一足早くお辞めになってやり直した方がよろしいかと思います。
空いた時間にお酒の飲み方も勉強して下さいね。

中川さんは自民党では嫌いな政治家ではなかったんですがねぇ。
見識もある方だし・・・こういう形で足元を自ら掬っちゃダメだよなぁ。
                              
            中川さん大丈夫?何か身体傾いてますよ
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-17 09:51 | 時事


<< 喜び 不愉快犯 >>