雪の匂い

幾千の 幾万の 幾億の
天空の彼方から
舞い降りてくる雪

車のヘッドライトの
明かり越しに見える
いつもと違う景色に
何となく心ときめいている

子どもの頃に
部屋の窓ガラス越しに眺めた雪に
わくわくしていたのと
今も少しも変わっていない

少しだけ
運転席の窓を開けて
冷たい
雪の匂いを吸い込んでみた


あなたも

この雪を見ていたらいいな
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-04 01:41 |


<< 時限爆弾 笑えない話 >>