時限爆弾

【小沢氏秘書逮捕】小沢民主党 賭けの「強行突破」

公設第1秘書が政治規正法違反容疑で逮捕された問題で民主党の小沢一郎代表は4日、「何ら問題はない」との立場を貫き、代表にとどまる道を選択した。しかし次期衆院選での政権交代に王手をかけていた同党にとって「選挙の顔」を見舞ったスキャンダルのダメージは小さくないうえ、捜査の行方次第では小沢氏の強行突破が致命傷にもなりかねない。民主党は“爆弾”を抱えたまま走り出した。

  秘書の逮捕について、小沢氏は同日の記者会見で「不公正な検察権力の行使だ」と断じ、検察当局および、そのバックにあると主張する麻生政権と全面対決していく決意を示した。

 党内外で「辞任やむなし」の声も漏れている中、小沢氏を強気にさせているのは、秘書の潔白は証明できるという自信だ。「次期衆院選に政治生命をかける」と明言してきた小沢氏にとって、自らの陣頭指揮で政権の座を手元にぐっと引き寄せた自負もある。党執行部や小沢氏周辺も当初から「小沢氏続投ありき」の姿勢を崩さなかった。

 しかし、疑惑が晴れているわけではない。国会で小沢氏の「政治とカネ」をめぐる問題を与党側に集中攻撃させる大きな材料を与えた。衆院選に向けて上げ潮ムードだった党勢の失速も避けられそうにない。
  後略 3月4日 産経新聞 


土壇場になると必ず何か問題が勃発する民主党の真骨頂。
何だか小沢氏の身辺が俄かにきな臭くなってきましたね。
それにしてもニュースを見ていても、小沢氏はかなり強気の弁明をされていましたが、真実はいかがなものか。
衆議院選を控えてそのイメージダウンは避けられませんよね。

風雲急を告げる日本の政界。
野次馬的には面白いんだけど、実際こんなことでガタガタしている場合じゃないんだよな・・・ホント。
ニュース記事にある通り、まさに爆弾・・・それも強力な時限爆弾抱えちゃったような感じがします。
まぁもし爆発すれば、政界再編が加速するような気もしないでもないですがね。
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-04 20:29 | 時事


<< しあわせのものさし 雪の匂い >>