「ほっ」と。キャンペーン

無理な要求

不法残留 比人夫妻が入管に出頭、アランさんは収容

 退去強制命令を受け、在留特別許可を求めているフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)と妻サラさん(38)=埼玉県蕨市=が9日午前、東京入国管理局に出頭した。夫妻には中学1年の一人娘、ノリコさん(13)がおり、「娘は日本で生まれ、日本での生活を望んでいる。一人で残せない」として、一家3人の在留特別許可を求めたが、弁護士によると、入管はアランさんを収容、サラさんとノリコさんは16日まで仮放免を延長したという。

 この日は、入管が認めた10日間の仮放免延長の期限で、入管は「出頭までに帰国日程を決めなければ強制収容する」と通告していた。

 森英介法相は6日の閣議後会見で、ノリコさんには埼玉や東京に叔父や叔母ら親せき3人がいることを挙げ、「養育環境が整えられるなら子供は在留特別許可で日本に残ってもらって構わない。家族を引き離すつもりは全然ない」と話した。ノリコさんが残る場合は「本来は5年間再入国できないが、両親には子供に会うため1年を待たず上陸特別許可を出してもよい」ともしている。

 両親は92、93年に不法入国。06年にサラさんが出入国管理法違反(不法残留)容疑で逮捕され、一家は退去強制命令を受けた。命令取り消しを求める訴訟は最高裁で敗訴が確定している。3月9日 毎日新聞


ノリコさんは日本語しか話せないそうです・・・。
在留特別許可を求めるのも心情的には非常に良くわかります。
しかしながらこういった事例を看過していたら、再犯が後を絶たないのも間違いないでしょう。
日本が法治国家である以上、まずは現行の法を遵守する事が求められます。
その上で特例措置を求めるなら求めるべきだと筆者は考えます。

高齢化が進む日本で、外国人労働者のニーズは増える一方です。
今後こういった事例がどんどん増える事も間違いないはず。
だからこそ特例措置云々などではなく、法整備こそが図られるべきでしょう。


・・・っていったところで、自分たちの頭のハエを追う事で手一杯の立法府の方々に、そんな事を望んでも無理って言うものでしょうか。
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-10 00:04 | 雑感


<< おばあちゃん家のうどん ラーメン27 >>