「ほっ」と。キャンペーン

心室細動

松村邦洋、急性心筋こうそく…予断許さず

 22日に行われた東京マラソンに出場し、意識不明で一時心肺停止状態と伝えられたタレント、松村邦洋(41)の病状は、急性心筋梗塞(こうそく)による心室細動だったことが23日、分かった。所属事務所が発表した。都内の病院に入院中の松村は現在、医師による処置で眠らされた状態という。事務所は「心疾患には合併症を伴う危険性があり、現時点では確定した情報を伝えることができない」と話している。

 号砲から約2時間20分後、15キロ地点手前で突然倒れ、救急車で都内の病院に運ばれた松村。一夜明けたこの日、所属事務所の太田プロがファクスなどで現状を報告した。

 同プロによると、病院で検査と処置を受けた結果、意識消失は急性心筋梗塞による心室細動が原因だったことが判明。搬送中に一時、意識を取り戻したものの、入院以来、集中治療室(ICU)に入ったままで、現在医師によって鎮静処置を施され、眠っている状態。この日は一度も目を覚ましていないという。

さらに、「合併症を伴う危険性があり、楽観論から悲観論まで現時点では何ひとつはっきりしたことがいえない」(太田プロ)といい、予断を許さない状況が続いているようだ。近日中に医師による会見を予定している。
                 後略   3月24日 サンケイスポーツ


長距離を走ること自体が彼の身体に負担を掛けちゃったのでしょうか?
大事に至らなければいいのですが・・・。

それにしても心疾患は恐ろしい。
いわゆる原因のわかる突然死の中で、心疾患が最も多い原因だそうで。
中でも心室細動を起こすと、1分間の拍動は平常時の数倍にもなり、その結果心臓から血液が出されないため、即刻意識を失い、3分で脳死が始まる・・・らしいです。
今回の松村さんの場合はたまたま東京マラソンという注目される場所だったからまだ良かったのかもしれません。
もし一人でジョギング中にそんな事になったりしたら、本当に命取りになりかねませんものね。

6年ほど前に高円宮殿下がカナダ大使館でスカッシュの練習中に突然倒れられ、そのままご逝去されたのはまだ記憶に新しい所ですが、それも心室細動のためでした・・・。
そのカナダ大使館にはAED(自動対外式除細器)が無かった為、搬送先の慶応病院に着いた時には如何な蘇生措置を施しても手遅れだったとの事。
今回の松村さんの場合、倒れてすぐに東京マラソンスタッフがAEDを持って駆けつけ、救命措置を施したのがやはり良かったのでしょう。

この心室細動。
運動中のみならず日常生活でも突然起こることがあるそうです。

自分自身の日頃の健康管理はもちろん大事ですが、自分の周りの方がいざと言う時にきちんと対応できるように、心配蘇生法やAEDの使い方くらいは知っておきたいものですね・・・。
最近では公共の場所や駅、大型商業施設や中にはパチンコ屋さんなどにもAEDが設置されていたりします。
まずは身の回りのそんなものから興味を持ってみることでしょうか。

今年は普通救命講習を受講しようかなと思っています(これ全国各地の消防署とか救急救命協会とかでやっています。無料の所もあれば少し費用の掛かる所もあったりとまちまちですが・・・)。
善は急げ。
そう思った時にやらないと、機会がなくなりますものね。
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-24 10:38 | 雑感


<< 降臨 緩々 >>