祈り

音楽って、何でしょう。
人それぞれに感じ方があると思います。

音を楽しむ」と書いて文字通り音楽なのですが、ワタシの場合音だけを楽しむと言うよりは、詞とのコラボで一つのものという感じがしています。
ですから中々洋楽(最近言わないかな・・・洋楽って)には親しみにくく、どうしても今で言うJ・POP、それも詞を大切にした楽曲を好んで聞く事が多い様に思います。

さてそんなワタシの「音楽」ですが、先日松山千春さんの「君を忘れない」を記事にしました。
それから何だか千春節に久しぶりにはまっていまして・・・。

昔の彼の歌にも、この年齢に達して初めて感じるものなどもあって、新たに彼の歌の良さを感じている次第です。
そこで今、最も心に染み入っている歌を・・・。







祈り            詞・曲 松山千春

さよならも言えないまま あなたから離れてゆく
楽しいだけの毎日は 夢が夢になるだけ

幾つもの季節が過ぎ あなたとの過ごした日々
言葉にすると泣き出しそうで 全て思い出にする

愛してる 今だって この胸がときめいて
こんな日が来るなんて 思っても見なかった


 心から愛したけど 何もかも捧げたけど
 いつも不安な毎日は 愛が愛を追い越す

 もうそんな若さじゃない お互いに気づいていた
 あなたに巡り逢えた事 それが何よりでした

 神様がいるのなら 一つだけ祈りたい
 出来るだけ穏やかな 人生をあの人に

  愛してる 今だって この胸はときめいて
  こんな日が来るなんて 思っても見なかった


愛というものに、ここまで達観できる日が来るのかな・・・。
いつか来たらいいな。
[PR]
by kazz1125 | 2009-04-29 00:33 | 音楽


<< 無い袖は振れない 草なぎ週間 >>