「ほっ」と。キャンペーン

消えたはだいろ

クレヨンなどから「はだいろ」というものが無くなって久しいそうです。
とは言え色自体がなくなったのではなく、その呼称である「はだいろ」が消え、「ペールオレンジ」だの「うすだいだい」だのというように変更されたそうで・・・。

その背景には、「肌の色はこうだ!」という既成概念が、他の肌の色の人への人種差別に繋がるからだとかなんとかがあるそうですが、別にそこまで気にしなくてもなぁ、どうなんでしょ?
あの色って、精々「肌の色に近い色」ぐらいの感じでしょ?
「こうだ!」って言うほど説得力のある色じゃないって。
図工や美術の時間で絵を書いた時に、はだいろのニュアンスの違いに四苦八苦した覚えがあるものなぁ。


それに私たち世代は今更その新しい名称を言われても、全然ピンときませんよねぇ。
だって「あの色」ははだいろ以外の何物でもないもの。
第一、「ペールオレンジ」だの「うすだいだい」だのが肌の色って、みかんの食い過ぎかっつーの!

まぁ本当は別にワタシもそんな事にこだわる必要も無いんですけどね。
何せ因みに今仕事で使っている色鉛筆のケースの中で、一番長いまんま残っているのが「はだいろ」だから・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-05-05 18:28 | 世間話


<< ちっぽけ 狭間 >>