クサイものにフタ

<麻生首相>「任命責任ある」鴻池官房副長官辞任で発言撤回

麻生太郎首相は14日、女性問題で鴻池祥肇氏が官房副長官を辞任した問題で「これまで辞めた方々の任命責任はすべてあると言ってきた。今回も例外ではない」と記者団に語り、責任はない、とした前日の発言を撤回した。

 また、河村建夫官房長官は記者会見で、鴻池氏が入院中の東京都内の病院で14日、河村長官の秘書官と面会し、4月28~30日に女性同伴で静岡県熱海市に宿泊しゴルフをしたことなどを大筋で認めたと発表。鴻池氏は「誠に不徳の致すところで申し訳ない」と陳謝したという。

 河村長官によると、鴻池氏は旅行の際、東京-熱海間の往復に国会議員用の「JRパス」を使用したことも「不適切だった」と認めた。新幹線グリーン席の往復料金1万2480円を支払っていなかったが、JR東海に改めて支払ったという。首相はJRパスの使用について「目的外使用で、はなはだ遺憾なことだ」と述べた。

 河村長官は鴻池氏の病状について「間質性肺炎を持っていて、心房細動を併発した。当分の間、入院が必要というのが主治医の見解だ」と説明した。5月14日  毎日新聞



この官房副長官、一月にもおそらくはこの女性(同一人物かどうかは知りませんが)を議員宿舎に泊めたの泊めないので一頻り騒がれたんでしたよね?
まぁ・・・お元気なのは結構ですが、立場上まずはその元気さは政治に傾けるべきであって、女性は二の次。
ましてや問題の本質を見誤ってはいけません。
国会議員用のJRパスを不正利用した事が一番の問題であって、女性同伴だろうが男性同伴だろうが、私的流用っていうのは背信行為に他なりません。

挙句の果ては官房副長官辞任の理由が健康上の問題ですって・・・。
それを当初健康上の理由云々と任命責任その他にフタをしようとした総理も総理ですがね。

それにしても今回新たに勉強になった事があります。
それは今まで名前だけで詳しく存じなかったのですが、「間質性肺炎」という病は下半身が相当元気な病気だと言う事です(・・・ってホントかよ!)。
ワタシも68歳になった暁には、是非そうありたいものです。
[PR]
by kazz1125 | 2009-05-14 23:38 | 時事


<< 免許皆伝 親バカの継続 >>