東国原知事=「そのまんま東」

“東国原騒動”の余震続く 古賀氏に批判矛先

 自民党の古賀誠選対委員長が23日、宮崎県庁に出向いて東国原英夫県知事に次期衆院選へ自民党から出馬するよう要請したことをめぐり、与党からは24日、厳しい反応が相次いだ。

 自民党の細田博之幹事長は24日朝、都内で記者団に、「党として(東国原氏へ出馬要請を)正式決定したものではない」と指摘。東国原氏が「総裁候補」を出馬の条件としたことについては「そんなこと(出馬)を考えていないと言う代わりに、ジョークのような感じで答えたわけだ」と述べた。

 公明党の漆原良夫国対委員長も国会内で記者団に、“東国原騒動”について「今の段階ではプラスにならないでしょうね」と語った。

 自民党参院議員総会では、丸山和也参院議員が「バカバカしい。選挙責任者が外から力を借りるようなことで、自民党が本当に改革していくエネルギーを示せるのか。本当に情けない」と批判の矛先を古賀氏に向けた。さらに「『自民党にエネルギーがないので力をお貸しください』と選挙責任者が言うのはすでに敗北だ。党には人材がいっぱいいる。古賀氏の責任を追及すべきで、場合によっては辞任してもらうくらいのことがあっていい」と訴えた。

 同僚議員から拍手がわいたが、丸山氏は民放テレビ番組で知名度を増した“タレント弁護士”出身だけに、議員総会後には「なんで丸山さんが怒るのかな」との声も出た。

 一方、民主党の輿石東参院議員会長は、党参院議員総会で「驚くばかりだ。(東国原氏が自民党を)バカにしたようにも受け止められる。自民党が何を考え、どうしようとしているのか皆目わからない」と皮肉った。
                                      6月24日 産経新聞


自民党選対委員長の古賀氏の責任云々なんてどうだっていのですが、それにしても東国原知事もやりますねぇ。
「自民党総裁要求」発言が本気であれシャレであれ、騒げば騒ぐほど代議士連中の品は下がり、東国原知事の注目度、存在感は増してゆく・・・。

東国原氏はその言葉に対して「至って真剣」と発言されていますが、確かにシャレだけで言う言葉としてはいささか重すぎるでしょう。
まだ県知事として一任期もやり終えていない彼が、今国政の場に躍り出るためには、つまりそれくらいの覚悟が必要だという事。
自民党側も襟を正してのの自民党からの出馬要請だったのか否か。

その辺りを十分考慮した上での、彼の総裁候補発言であったのではないか?
確かにシャレとも取れる発言ですが、それだけでは済まないこの発言。
もしそれをシャレにしてしまえば、所詮彼は「そのまんま東」だと言われてしまいます。
よって彼の出馬する意思は十分だと筆者は考えます。


それにしてもこの発言を受けての自民党議員の大人げない反応は面白かったですね。
中には「ついこの前までお笑いやってた人だろ?」と露骨に不快感を露わにする人もおられました。
その通りです。
ついこの前まではビートたけしの弟子、「そのまんま東」だった東国原知事。

切れ味の鋭さは師匠譲りです。
[PR]
by kazz1125 | 2009-06-24 18:30 | 雑感


<< 文月 迷 >>