文月

5月の忙しさが嘘のように、6月末からこの7月中旬過ぎまで今度は仕事が少ない・・・。
思うように行かないのは世の常ではありますが、やり繰り算段も含めて本当に中々に大変な御時勢でございます。
慌しさに時の流れを失念していたら、あっという間にもう七月。
ぼやぼやしている内に今年も丸半分過ぎてしまいました。

7月を陰暦で文月というのはご存知の通り。
文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もある。
・・・だそうです。 wikipediaより引用

陰暦の七月頃は稲穂が実り始める頃なので、「穂見月」が転じて「文月」という説もありましたね・・・。
ワタシはこの説が一番しっくりときますが、いかがでしょう。

こうも良くなる兆しが感じられないこの頃。
せめて今年は七夕飾りの短冊に願いを籠めて見ましょうか・・・?

「目指せ!BIG一等6億円!!」・・・う~んそのお金すらもったいない。
[PR]
by kazz1125 | 2009-07-01 10:43 | 世間話


<< 47 東国原知事=「そのまんま東」 >>