揚げ足取り

高速道無料化を批判=町村氏

 自民党の町村信孝前官房長官は22日午後、愛知県瀬戸市での会合で、民主党が掲げる高速道路料金無料化について「『ガソリンをどんどん使ってください。高速料金をただにするから』と言いつつ、他方で『二酸化炭素の排出量は減らしましょう』と言う。明らかに矛盾する。矛盾することを平気で並べて幻想を振りまいている」と批判した。 2009/07/22 時事通信


こういうのを世間一般では揚げ足取りと言うようです。
因みにこれは政治の場では常套手段です。
大体そもそも高速道路一律¥1000として運用したのは何処の政党のどなたでしたっけ?
現に週末の大渋滞は起こっている訳ですしね。
民主党の主張する高速道路料金無料化というのは、別にガソリンをどんどん使ってくださいと言っている訳ではなく、高速道路料金を終日無料化することによって、一般道路の渋滞を緩和し道路交通の円滑化を企図するもののはずです。
如いて言うなれば、スムーズになった道路交通の流れにより二酸化炭素の排出量も軽減できるのではないか?と筆者は考えます。

ところがそれを曲解して「『ガソリンをどんどん使ってください。高速料金をただにするから』と言いつつ、他方で『二酸化炭素の排出量は減らしましょう』と言う。明らかに矛盾する。矛盾することを平気で並べて幻想を振りまいている」・・・というのは幾らなんでもひどい言い掛かりではないでしょうか?

選挙に勝たんがために、色々な事を仰る諸事情はお察し申し上げますが、いちゃもんに類する言い掛かりは品を落とすだけではないかと感じられ、とても残念に思います。
[PR]
by kazz1125 | 2009-07-22 23:57 | 時事


<< 馬鹿も休み休み言え ほおずきの色 >>