そんな暮らしの中で

そんな暮らしの中で   詞・曲 伊勢正三


歩き始めた子どもの 
笑い声が響いてる
そんな暮らしの中で
芽生え始めた何かを 
大切にして生きるため
日々の暮らしがある

時計の針が
時を流している訳でもなく
明日の朝 
新聞の日付が
ただ変わっているだけのこと

2センチ足らずの雪が
科学の街東京を
一日で塗り替える
その変わらぬ雪の色に
人は何を思うのだろう
変わり行くこの日々に

寒さの中に隠れているのは
暖かさなのだから
冬の朝
目覚めた時の
あと5分の幸せを
誰もが知ってる



わかっていた筈なのに、当たり前の中に埋もれてしまっていることがいかに多い事か・・・。
見直してみよっかな。

それにしても今とこの曲との季節感のズレはひどいけど(苦笑)。
[PR]
by kazz1125 | 2009-07-26 11:36 | 音楽


<< 瓦解 馬鹿も休み休み言え >>