天下を取った如き様・・・

連立合意、持ち越し=外交・安保めぐり難航-民社国

 民主、社民、国民新3党は8日夜、国会内で幹事長会談を開き、連立政権樹立に向けて詰めの協議を行った。交渉のレベルを政策責任者から格上げし、与党間の政策調整の仕組みと合わせて協議したが、外交・安全保障政策をめぐる調整が難航、結論を9日に持ち越した。
 会談には、民主党の岡田克也幹事長、社民党の重野安正幹事長、国民新党の亀井静香代表が出席した。これに先立ち、民主党幹部は「安保で一部積み残しがあるが、(政策責任者レベルでは)ほぼまとまった。きょう中にまとめたい」と語った。
 外交・安保政策をめぐり、社民、国民新両党は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設計画見直しに触れるよう要求。民主党は8日午前の政策責任者協議で「沖縄の基地の在り方をはじめとする2国間の課題の解決を図る」との文案を示したが、社民、国民新両党は内容が不十分としている。社民党は、日米地位協定の見直しなども盛り込むよう求めている。 9月8日 時事通信


あえて声を大にして言いたいのですが・・・。
正直言って・・・社民党如きにこれほどの発言権ってあるのかしらん。
まるで天下を取った如くの発言の数々。
あの獲得議席数にも関わらずこの物の言い様って、少々面の皮が厚すぎやしませんか?
今回の選挙で、私たち大多数の国民が信任したのは民主党であって、社民党ではないんだけどなぁ。

福島みずほさん、何か勘違いされてるのでは・・・?
[PR]
by kazz1125 | 2009-09-08 23:34 | 時事


<< バイプレイヤー 連立 >>