問題外の外

日朝、実りある関係づくりを 民主党政権に金永南委員長
 【平壌共同】北朝鮮のナンバー2、金永南最高人民会議常任委員長は10日、平壌の万寿台議事堂で共同通信と会見し、日本の次期民主党政権に対し、2002年の日朝平壌宣言を尊重し「実りある関係」づくりを進めることを呼び掛けた。「関係改善の展望はあくまで日本当局の態度にかかっている」と述べ、次期政権の出方を注視する考えを示した。

 また、金正日総書記の後継者問題については「現時点では論議されていない」と言明した。

 日本の政権交代を受けた日朝関係の行方や後継者問題について、北朝鮮首脳部の一人が明確に語ったのは初めて。

 金常任委員長の発言の背景には、長期にわたり冷却化した日朝関係を好転させる糸口を、日本の政権交代を契機に見いだしたいとの北朝鮮側の思惑があることをうかがわせる。アジア外交重視を掲げる民主党政権にとって、対北朝鮮外交は大きな試金石となりそうだ。

 金常任委員長は「日本が平壌宣言を重視し、宣言に基づき不幸な過去を誠実に清算しようとするのであれば、両国間で解決できない問題はない」と指摘。

 さらに「21世紀になっても近くて遠い関係を打破できないことを残念に思う。われわれは日本当局の不当な敵視政策に反対するのであり、日本の国民は敵ではない」と語り、日本との関係改善に意欲をにじませた。
    後略  2009/09/10 【共同通信】


えっ?北朝鮮と関係改善??
何のために???
日本人は誰もそんなの望んじゃいねーって。
だってそんな事したって何もメリットないもん。
拉致被害者の方がそっくり帰って来て、きちんと謝罪するって言うのなら考えても良いけどな。

まぁよしんば日本と関係改善したいんだったら、世界の常識として当たり前のことを当たり前にやりなさい。
現段階では問題外の外だな。
[PR]
by kazz1125 | 2009-09-11 00:12 | 時事


<< 水の如し 末期症状 >>