ソフランありますか?

学生の頃、数学で習った 直線の定義は始まりも終わりもない延々と続く真直ぐな線だったように覚えています。
そしてそれはあくまでも理論上の話。
実際にそんな線は存在しないと、先生に教えていただいた記憶があります。

つい今しがた午前0:00を回り、日付が変りました。
ところが、例えばドイツでは、今は冬時間で時差が8Hですから前日のPM2:00過ぎ。
同じ時間を過ごしているはずなのに、違う日付で暮らしている・・。

先ほどの直線の定義とは逆に、本来区切りなど無いものにあえて区切りをつけて一つの目安にしています。

人の知恵。
根本は変らない物なのに視点を変えることで、新しい価値観を産み出しました。
普段の暮らしの中でも、ややもすると凝り固まった価値観で判断してしまう事も多いのかもしれません。

やわらか頭が色んなものを産み出してゆくのなら、少しでもそうありたいと思います。

どうせならいずれは頑固ジジイではなくやわらかジジイになりたいな。
ん?でも73歳で中学生買春した広島の住職兼幼稚園の園長みたいな変に元気な軟派ジジイは困りもんだけど・・・。

今日の月の様な、「満月にうさぎがお餅をついている」って見立てた、古人のようなやわらかさが素敵かな・・・。
頭脳に使えるソフランは売ってないかしらん?


附:一番上の直線をクリックして、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の直線の項を読んだそこのあなた!途中からだぁ~~っとスクロールして流しませんでしたか?ちゃんと最後まで読んで理解できたとしたら、僕のブログもあなたの知的向上に大いに貢献できたのになぁ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-03-14 00:24 | 雑感


<< 相身互い 空へ >>