はじまりはいつも雨

君に逢う日は確かに雨の日が多い気がするんだ・・・。

でもね。よく考えたら当たり前だよね。
君に逢う理由付けが「今日は雨降りだから送る・・」とか「雨降ってきたから迎えに行くよ・・・」とかなんだもの。

そうでもしなくちゃ中々逢ってくれない君は、今日の雨と同じくらいちょっと冷たい・・・。


はじまりはいつも雨
                                   詞・曲 飛鳥涼 
君に逢う日は 不思議なくらい 雨が多くて
水のトンネル くぐるみたいで 幸せになる
君を愛する度に 愛じゃ足りない気がしてた
君を連れ出す度に 雨が包んだ
 
君の名前は 優しさくらい 良くあるけれど
呼べば素敵な とても素敵な 名前と気づいた
僕は上手に君を 愛してるかい 愛せてるかい
誰よりも 誰よりも
今夜君の事 誘うから 空を見てた
はじまりはいつも雨 星を避けて



君の景色を 語れるくらい 抱きしめあって
愛の部品も 揃わないのに 一つになった
君は本当に僕を 愛してるかい 愛せてるかい
誰よりも 誰よりも
訳も無く君が 消えそうな気持ちになる
失くした恋たちの 後をつけて

今夜君の事 誘うから 空を見てた
始まりはいつも雨 星を避けて 二人 星を避けて




オリジナルよりも音程を少し下げて、ガットギター二本のしっとりとしたアレンジ。
原曲の良さがものすごく生かされていて好きです。
[PR]
by kazz1125 | 2010-04-28 19:25 | 音楽


<< 帰れ!宇宙へ 緑色の風 >>