自由な心

何かと批評や批判されることの多い彼ですが・・・



自由人なんだろうな。
うらやましかったりもします。



「明かりの灯るところへ」   詞:松井五郎 曲:玉置浩二

外は激しい雨と 北風が続く
この世界の汚れ 洗うように
一つの屋根の下で灯す ロウソクの火
命が何かを告げようと揺れている

君の手のひら 強く握って
明かりの灯るところへ
生きていたい理由がただ
心の奥にあるだろう

どれだけ強がろうと人なんて脆い
わずかな間違いで絶えてしまう
神様は何を今伝えようとしてる
夜に向こうにはどんな朝あるのかな

君の手のひら強く握って
明かりの灯るところへ
生きていたい理由がただ
心を熱くするだろう

そばにいるよ
僕の手のひら 強く握った
君を守っていたい
生まれてきた 奇跡にただ
導かれながら

君の手のひら 強く握って
明かりの灯るところへ
生きていたい理由がある
もうすぐ雨も止むだろう

[PR]
by kazz1125 | 2010-06-14 18:53 | 音楽


<< 投票用紙 夏の味 >>