Japan is not 「chupa chups」

第2次菅内閣の顔ぶれがようやく決まったようですね。

代表選後は「ノーサイド」でという言葉が空々しいほどの脱小沢体制を貫いている菅さん。
もちろん同じ政党にありながら主義主張がまるで違ってるのですから、そもそも挙党一致などという絵空事を口にするのが間違っています。
「ワタシが代表選で勝ったら、小沢グループは徹底排除する」くらいの発言を最初から以って然るべしだったのではないかと思います。
まぁいいでしょう。
発言はともかくそれ位強気の姿勢は見せてもらわないと・・・。

内には円高株安、雇用拡大等の経済問題。ねじれ国会の切り回しや予算作成などの国政運営。
外には旬の尖閣問題を含む対中や対米、対北朝鮮など・・・。
まさに内憂外患の極み。

いずれにしても民主党政権も正念場。
果たして菅さんでどこまでやって行けるのか、お手並み拝見・・・なんて悠長なことは言ってられません。
とにかくチャキチャキやって下さいね。

はっきり言って、日本は中国や北朝鮮はじめ世界中で舐められ始めてるんだから。

追記:タイトルを英語で記しましたが意訳するとまぁ「なめんなよ!」って感じでしょうか?
[PR]
by kazz1125 | 2010-09-17 16:55 | 時事


<< 再鎖国 馬耳痛風 >>