ネクラの主張

安倍氏「対中、決意示すべきだ」

 自民党の安倍晋三元首相は21日夜、都内の集会で、沖縄・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件について「中国はこれ以上は経済制裁しかないというところまでやっている。われわれも確固たる決意を示さなければならない」と述べ、中国に対して強硬姿勢を貫くべきだとの考えを表明。同党の小池百合子総務会長は「日本はゴリ押しをすればすぐに動くと思われていることが安全保障上の一番の弱点だ」と述べ、「事なかれ主義」の政府の対応を批判した。産経新聞 9月21日(火)


安倍さん、久しぶりの登場ですね。
ここのところ自民党の存在感がめっきりと薄くなっている中、起死回生の一発を放てるか否か?
特に元総理大臣経験者の安倍さん、福田さん、麻生さんあたりはメディアで名前を見ることも少なくなっている昨今、タカ派の本領発揮といったところでしょうか。

今回は正論でしょうね。
腰砕け外交ばかりやってきたツケがこの体たらくなのは間違いない。
主張すべきはきちんと筋道立てて主張しないと、自分の権利ばかり主張する国に敵う訳がない。
そういう意味では民主党のみならずかつての政権与党であった自民党にも責任はあるわけで、ここは一つ超党派でビシッと行ってもらいたいもんですね。

・・・それにしてもニュース映像などでは中国のデモで日の丸を中国人が踏みつけているシーンとか火をつけているシーンを映し出していますが、腹立たしいこと夥しい。
それに引き換え我々日本人はホント大人しいですねぇ。

まぁ手法はともかくとして、こちらに非は無く正しいと思えば、堂々と主張しましょうよ。

因みに私はすでに一人で対中国経済制裁しています。
スーパーで買い物する時に原産国中国とあったら絶対買いません。

・・・ってネクラですかね(笑)
[PR]
by kazz1125 | 2010-09-22 11:29 | 時事


<< 吐息 負け鳩の遠吠え >>