「ほっ」と。キャンペーン

ノーベル賞の真価

日本人ノーベル賞受賞に「過去の侵略のおかげ」の見方=中国

サーチナ総合研究所(上海サーチナ)のアンケートで、2010年のノーベル化学賞を根岸英一氏、鈴木章氏の2邦人が獲得したように、アジアの国では日本にノーベル賞受賞者が集中していることについて、「侵略で得た財産を科学技術や経済発展に投資」と考える中国人が多いことが分かった。

 「日本人のノーベル賞受賞者がアジア諸国の中で突出して多い理由は?」との質問に対して、最も多いのは「過去の侵略で得た財産を、科学技術や経済発展に投資したから」の17.86%との回答だ(8日午前10時現在)。2番目は「日本は米国の従順な弟分なので優遇されているから」の17.09%。

 中国では、「ノーベル賞には西側諸国の価値観にもとづく」との見方が根強い。「日本は米国の弟分だから」説は、この見方を反映したもので「中国大陸に受賞者がいないことは、“差別”されているから」との考えにも結びついている。

 日本人受賞者が多いことを率直に評価する、「日本人は優秀で勤勉だから」との見方を示した人は13.01%、「日本では学術・文化育成の体制が整備されているから」は15.53%と、やや少なかった。

 「単なる偶然」は12.04%、「日本人は自分の業績を世界に向けて宣伝することが上手だから」は9.90%だった。サーチナ 10月8日(金)10時26分配信


ノーベル賞の中でも、特にノーベル物理学賞や化学賞などは、地道に努力研究を重ねた結果以外の何物でもないと筆者は考えます。
妬みや嫉みなどとはまるで縁遠く、一途に精進した賜物だと思いたい・・・。


まぁ中国の方々は上記のような思考回路でしか物を考えられないのなら、未来永劫にノーベル賞など欲しがらない事ですね。
もっともノーベル偽者賞があれば間違いなく一番に受賞出来ますがいかがなものでしょう。

と言ってる矢先に、今回初めて中国人でノーベル賞を受賞したのが、皮肉にも中国への反体制を貫いて獄中にある民主活動家劉暁波氏だそうで・・・。
それにも中国は猛反発。

なぁんか大国の癖に言う事とかやる事が一々小っちゃいんだよね。
中華思想の片鱗が散見されて不愉快な感じを受けるのは私だけでしょうか。
時代逆行も甚だしい。

・・・日本を抜いてGDP世界第二位に躍り出た中国(そんなの当たり前なんですがね・・・人口が日本の10倍以上もいるんだから)ですが、この先どこへ行こうとしているのか。

いずれにしても今のバブルが弾けたらどうなることやら。
余りお調子に乗らない方が御身の為かと。
[PR]
by kazz1125 | 2010-10-08 23:53 | 雑感


<< 亀田兄弟、大苦戦 親分の旅立ち >>