春色の景色

所用で埼玉県の鶴ヶ島から大宮まで行って参りました。
荒川の土手沿いをしばらく車で走りました。

土筆を摘んでいる人がいました。野蒜や蓬も今が旬かな・・・。
季節感が乏しくなったと言われる昨今ですが、春はまだまだ捨てたもんじゃありませんね。
生き生きとした力強い生命力や躍動感とか。
そんなものがそこかしこにあふれています。

今日の暖かさで一段と春色の景色が鮮やかになったような、そんな春の一日でした。


限りなく白に近い、淡い淡い
桃とは明らかに一線を画した艶やかな
絵の具をそこに撒き散らしたような、確かな黄色の菜の花

木々のしなやかな若い枝の先々には
生まれたばかりの緑色
柔らかな空気に滲み出す様に芽吹いています

遠く霞んだ山々や
今はお休み中の枯れ草色の田圃の
その遥か彼方の青い空には
賑やかなひばりのさえずりが
いつまでもいつまでも聞こえています

ちょっとだけ
車を停めて窓から外を見ていたはずなのに
いつの間にか 夢まで見ていました・・・

[PR]
by kazz1125 | 2006-03-28 17:43 | 雑感


<< あしひきの・・・ 草枕 >>