人災

前の記事で天災だの人災だのって書いたけど、まぁ今はそんな「括り」はどうでも良い。

まずは困窮している方の生活を一歩でも二歩でも立て直すのが先決だし、原発の一日でも早い収束を見るのが地球環境に何よりも大切なこと。

ただあえて言わせて頂きたい。
間違いなく史上に残る国難の時に、他でもない「菅直人」と言う無為無能の人が日本の総理であったこと。
それは我が国史上始まって以来の最大の人災であった。

私は彼を恨むものでもないし、震災前までは毀誉褒貶相半ばすると思っていたのだが、今回はっきりと思い知らされた。
決断力、行動力、沈着かつ冷静、温かみ・・・。
リーダーとしての必須条件をざっと思いつくままに上げてみても、何一つ合致するものがない・・・。
今回の震災は彼が引き起こしたものではないし、またその後の様々な政府、各機関の対応のまずさも別に彼一人が悪いわけではないとは思う。

ただし。
私を含めて国民が明日に向う気力を今一つ持ちきれないように感じるのは、毅然としたリーダーシップの欠如に起因しているのは間違いない。


・・・ってつまりは誰かのせいにしたいんだよ。人ってさ。
それで少しだけ気持ちが楽になる気がするんだね。

申し訳ないけど、菅さんはそういう運の巡り合わせだったのかもしれない。
どこをどう転んでもツイてない人なのかもしれないね。

何の根拠もないけど、菅さんが総理辞めたら、ウソだったようにここの所続いている余震も収まりそうな・・・そんな気さえするもの。
・・・って言うことは、菅さんは人災ではなくて天災だったって言うことにもなるな。
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-12 12:48 | 雑感


<< 帰国 頭のいい奴は・・・ >>