悲しい不安

<東日本大震災>「放射能怖い」福島からの避難児童に偏見

 原発事故で被ばくを恐れ福島県から避難してきた子供が「放射能怖い」と偏見を持たれるケースがあるとして、千葉県船橋市教委が全市立小中学校長らに配慮するよう異例の指導を行っていたことが分かった。福島県南相馬市から船橋市へ避難した小学生の兄弟の事例では、公園で遊んでいると地元の子供から露骨に避けられたという。兄弟は深く傷つき、両親らは別の場所へ再び避難した。大震災から1カ月たつが、福島第1原発の深刻な事態が収まる見通しは立っていない。知識の欠如に基づく差別や偏見が広がることを専門家は懸念している。

 南相馬市の小学生の兄弟のケースは、避難者の受け入れ活動に熱心な船橋市議の一人が把握し、市教委に指摘した。市議によると兄弟は小5と小1で、両親と祖父母の6人で震災直後船橋市内の親類宅に身を寄せ、4月に市内の小学校に転校、入学する予定だった。

 兄弟は3月中旬、市内の公園で遊んでいると、方言を耳にした地元の子供たちから「どこから来たの?」と聞かれた。兄弟が「福島から」と答えると、みな「放射線がうつる」「わー」と叫び、逃げていった。兄弟は泣きながら親類宅に戻り、両親らは相談。「嫌がる子供を我慢させてまで千葉にいる必要はない」と考え、福島市へ再び避難した。

 福島県から県内に避難し、この家族をよく知る男性は「タクシーの乗車や病院での診察を拒否された知人もいるようだ。大人たちでもこうなのだから、子供たちの反応も仕方がない。でも、当事者の子供はつらいだろう」と話す。       後略
                             毎日新聞 4月13日(水)


「子供が心配」福島ごみ処理支援で川崎市に苦情2千件超

 川崎市の阿部孝夫市長が東日本大震災で被災した福島県を訪問し、がれきなどの災害廃棄物処理の協力を申し出たことに対し、2000件を超える苦情が市に寄せられていることが13日、明らかになった。

 阿部市長は7日、福島県庁で佐藤雄平知事と会談。被災地支援の一環として「津波で残ったがれきなど粗大ごみを川崎まで運び、処理したい」と申し出た。このことが新聞などで報じられた8日以降、川崎市のごみ処理を担当する処理計画課などに「放射能に汚染されたものを持ってくるな」「子供が心配」といった苦情の電話やメールが殺到。中には阿部市長が福島市出身であることを挙げ、「売名行為だ。福島に銅像を建てたいだけだろう」というものもあったという。

 川崎市は「放射能を帯びた廃棄物は移動が禁止されているため、市で処理することはない」と説明。市のホームページでも安全性や理解を呼びかけている。  産経新聞 4月14日(木)


・・・懸念はあったけど、やっぱりこんな話が出てきたかぃ。

事の全ては我々が放射能について無知、そして未知であることに尽きる。
もちろん知らない・わからないからと言って、それが結果偏見を持ったりいじめに繋がるというのは、人として間違っているのは言うまでもない。
第一、偏見を持たれる方はもちろん、詰まらん偏見を持つのもまたものすごく寂しい、悲しいことだよ・・・。

良く考えてみようよ。
私たち、そしてこの偏見を持った人たちの中でどれほどの人が、現実に「放射能」「放射線」「放射線物質」の違いを的確に述べることが出来るのだろうか?
その違いすらよくわからないのが現実じゃないかな。
ましてやその影響なんて、大量に浴びれば死に至るくらいのことしかわからない・・・。

全ては不安が為せる業。

正しい知識を持つことが不安解消の一助になるのであれば、政府・東京電力はその不安を払拭するために最大限の努力をすべきだよね。
もちろん我々もきちんと知ろう。
そうすればそんな詰まらん事は無くなる筈だ。

・・・そして子どもたちにはきちんと言っておこうよ。
放射能は伝染らねー
・・・インフルエンザじゃあるまいし、第一伝染るんなら水虫やインキンタムシの方がよっぽどひどいっつーの。
ほんとインキンはひどいよ・・・ただれて酷いかゆみでねぇ。
タムシチンキが沁みて・・・ってそんな話はどうてもいい(怒)



みんな不安なのは一緒なんだよね。
だからこそ助け合わなくちゃ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-14 16:38 | 雑感


<< 金八先生 ファイナル 祈念 >>