桜と入学式

朝方は降っていなかったのですが、昼前からはざあざあと音を立てるほどの本降りの雨
東京は天気予報通りの、花散らしの雨となってしまいました。

時節柄、桜について記す事がついつい多くなりがちです。
儚い一時にしかその美しさを愛でる事ができませんので、それもまた仕方のない事でしょうか。

そして今朝の通勤の道すがら、桜の花びらが一枚、そしてまた一枚と散り始めておりました。
そろそろ散り始めても仕方のない時期ですが、も少しだけ頑張れと車窓から見上げておりました。訳ありで4月7日過ぎまでは何とか頑張ってもらいたいと思ってるのですが、そればかりはどうしようもありませんね。





陰暦で4月8日は潅仏会。             潅仏会で使われる大甘茶・・・山紫陽花

f0056698_0105894.jpgお釈迦様の誕生日です。
それを別称、花祭りともいいます。
そして毎年この時期、花祭りの前後に日本中至る所で行われるのが入学式です。
つまりは桜の花と入学式はどうしても欠かせない関係。
ショートケーキとイチゴ、納豆と和からし、ドラえもんとのび太クンの関係と同じくらい密接です。
あれ?何を力説してるんだ。
そういうのをもっと探し考えそうになってしまいました。
そんなのはどうでもいいのですが・・・。

                                                           桜色に染まった入学式に晴れやかな顔。
人生でもほんの数回しかない、希望に満ちあふれたとても素敵な日。


  心から・・・おめでとうございます。
[PR]
by kazz1125 | 2006-04-05 18:22 | 世間話


<< なごり雪 ここにも野球小僧はいたんだ >>