「ほっ」と。キャンペーン

公徳心

先程、日帰り旅から帰ってきました。
最初は熊谷桜堤で今年最後の桜をと思って出かけたのですが、最終目的地は群馬県高崎城址公園にまで延びてしまいました。
大変な思いをしただけの価値はありました。
本当にきれいだった・・・。
旅の記録は明日アップします。

高崎から八高線というローカル電車で2時間あまりで拝島、それから西武線で20分という帰路。
その列車の中での出来事。

中学生のサッカークラブと思しき集団と同じ車両に乗り合わせたのですが、携帯電話の音は消さない、通路に座る、大声で唄を歌う、お菓子を投げ合う・・・そりゃアひどい物でした。
マナーというものが皆無。
あまりひどいので睨み付けたら、少しは察したらしく一時的におとなしくなったのですが、すぐに元の木阿弥。
スポーツマンだったらそのスポーツのルールに乗っ取ってプレイするはずです。
世の中のマナーも同じ事。

もちろん子どもたちだけを責める訳にはいきません。
我々大人もそれが出来ていないというシチュエーションもどれほど多い事か。
子ども達はその背中を見ているのですものね。
まず自ら襟を正さなくてはいけない・・・と感じた次第です。
[PR]
by kazz1125 | 2006-04-09 19:34 | 雑感


<< さくら紀行 風まかせ >>