失笑

首相「18歳からずっと喫煙」=慌てて訂正―参院決算委

たばこは18歳からやめたことがない―。9日の参院決算委員会で、野田佳彦首相が法律で禁じられている未成年喫煙を「告白」し、慌てて訂正するハプニングがあった。

 政府のがん対策に絡み、公明党の松あきら氏が愛煙家の首相に「率先垂範して禁煙宣言してはどうか」と迫った。これに対し、首相は「いや、参りましたね。喫煙率が下がっていくことは望ましいと思いますが、私、18歳からずっとやめたことなく貫いてきてしまいました。受動喫煙には気を付けたい」と笑顔で答弁。

 場内がざわめき、問題発言をしたことに気付いた首相は、青ざめた表情で「あ、すみません、二十歳からです」と訂正した。松氏は「ここは目をつぶるから、しっかりやって」と決断を促した。 2012年3月9日


バッカじゃねーの? 
頭の中は消費税増税で一杯なんだか知らないけどさ。
幾らなんでも・・・公式の場の答弁でこれは情けないねぇ。

笑うしかない・・・首相の支障ある答弁に失笑。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-09 21:07 | 世間話


<< 一年 無関心 >>