罰当たり

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 食品捨てれば優良店!? コンビニ、30万円ノルマも

食品捨てれば優良店!? コンビニ、30万円ノルマも

 大手コンビニエンスストアに、一カ月に出す廃棄物の“下限数値目標”が存在することが分かった。その多くは弁当や総菜といった食品ゴミで、目標を達成すると、「優良店」となるシステムもあるという。
 産経新聞が入手した文書によると、「原価(仕入れ値)で(月に)三十万円以上(廃棄する)」と記されている。背景には廃棄を恐れずに品ぞろえを豊かにしなければ、「コンビニ戦争」を勝ち抜けない事情と、より新しいものを求める消費者ニーズの高まりがある。
 調査によると、一年間でコンビニ一店から出る生ゴミは平均で四-五トン。「食品リサイクル法」が施行されるなど環境対策の必要性が指摘されるが、経営戦略上、食品ゴミを劇的に減らすことは困難とみられている。
(産経新聞) - 4月25日3時1分更新


例えば、コンビニ最大手セブンイレブンは自社HPで環境への取り組みと題して「環境対策プロジェクト」を組織し云々・・・続きはこちら

この産経新聞の記事がもし本当であるとすれば(もちろんセブンイレブンがこれにあてはまる業者かどうかも現時点ではわからないけど)、標榜している環境への取り組みと利益追求の姿勢の現実が、丸っきり矛盾して存在している事になります。



今「地球にやさしく」という言葉が、環境問題を語る時に必ず使われます。
CO2削減だとか、地球温暖化だとか、環境に関する記事、ニュースを聞かない日はありません。

しかしながら、どうなんでしょうね?
人間の存在そのものが環境破壊と言えなくも無い・・・つまり生きている限り、呼吸をすれば二酸化炭素を出すわけだし、食べれば排泄もする。
それが遥か昔のように自然のままで処理されている限りは、人間も自然界のサイクルの一つとして問題はありませんでした。
今はどうでしょうか?
トイレでは自分が排泄した量の何倍もの水を使って汚水とし、料理すれば油まみれの排水を流し、移動するには車を使い二酸化炭素を、ビルでも家庭でも空調機の余熱をどんどん大気に放出し・・・。
お題目だけ「地球にやさしく」などと言っても、説得力のかけらも無い。
結局、個人個人に立ち返っても、今回のニュースのコンビニと同じ事をしていると言えなくもない。

新聞社も同じですね。
「環境破壊の元凶!」などと記事を書いた、その本社ではエアコンががんがんに効いてる・・・などと言うのはあながち想像だけの話じゃないはず。

今、私たちに一番必要な事は、建前やスローガンなどで地球環境を考えているんだなどというポーズを作る事ではありません。
現実にどうなのか。
今の子ども達が、生きてゆくのにふさわしい環境を作って上げる努力を、本当にみんなが考えて行動してゆかないと・・・。
あまりにも利益や利便性ばかりを追求する事が多すぎて、本当にやらなくてはならない事がないがしろにされている気がしてなりません。
「罰が当った」時には、遅いのですから。
[PR]
by kazz1125 | 2006-04-25 10:26 | 時事


<< ラーメン 7 狭山茶 >>