保険料 3兆円

Excite エキサイト : 政治ニュース

簡単に言うと、「日本の国を守るため」と言う名目の保険料が3兆円と言う巨額の金額になったと・・・。
そういう解釈でいいんですよね?

防衛と言う観点で見た場合、自衛隊だけでは心もとないのも事実ですから、「世界の正義」を自負する唯一の友邦(こちらがそう思ってるだけかもしれませんが)アメリカにも応援を頼まなくてはなりません。
そのための保険料としたら・・・高いのか安いのか、どうなんでしょう。

最近の国際間のパワーバランスを考えたら、あながち高い金額でもないのかな・・・。
特に最近脅威となっている中国や北朝鮮、また韓国ともトラブル続きアジアで孤立無援に近い日本にとっては、頼みの綱はアメリカ位しかないのですから。
もちろん近隣との外交での関係改善も必要だし、より自衛力の整備も必要でしょう。
現状ではそれが望めない現実とのギャップ。

ところで、某野党にありがちな話ですが、自衛力の整備と言うと軍事化反対と唱え、この3兆円と言う金額を聞けばアメリカへの追従外交だと言う・・・。
これでは国家防衛なんて出来るはずが無いので、この際反対のための反対の声を上げるのは謹んで頂きたいな。今、そんな机上の空論をぶち上げていられるほどの余裕はありません。とにかくとどのつまり防衛費は金がかかると言う認識はきちんとすべきです。

まぁ結局今回問題なのは防衛予算としてストレートに自衛隊にかける金でなく、米軍にかかる金として余りにも巨額だという事なんでしょうね。確かに保険料としては破格ですけど。
ただ実際それなりの防衛力を自前で持つとしてもそれなりに金がかかるわけだし・・・判断の分かれるところでしょうか。

昨今保険料不払いもままある話。
「アメリカンファミリー」がそういう国でない事を祈りましょう。
まさか「何かあった時」免責金額がどうのこうのなんて言い出さないだろうな?

ま、そんな事態にならないのが一番。
あくまでも転ばぬ先の杖。
保険は使わないで済むに越した事はありません。
[PR]
by kazz1125 | 2006-04-27 18:07 | 時事


<< 長靴 浦島太郎 >>