ヨーロッパからの便り

「君のそばで会おう」         銀色夏生

終ってしまった恋がある
これから始まる恋がある
だけど
僕たちの恋は決して終りはしない
なぜなら
終らせないと僕が決めたから

自信をもって言えることは
この気持ちが本当だということ

いろんなところへ行ってきて
いろんな夢を見ておいで
そして最後に
君のそばで会おう


フランクフルトに住む友人が、以前メールで贈ってくれた詩です。
僕もとっても気に入っています。

彼女は明日、成田着15:00過ぎのJAL408便で日本に帰ってきます。
とりあえず、お疲れ様。
少しのんびりしてね・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-06 16:06 |


<< 神保町から本郷あたり 調子・・・ >>