素直な心

f0056698_8302610.jpg


M君。27歳。知的障害がある青年です。
少しでも、ほんの少しでも自立を図っていかなくてはならないので、今は親元を離れグループホームと言う所で生活しています。
もちろん全てを自分自身でやってゆくのは不可能ですので介護者は必要となりますが、日々一所懸命生活しています。

先日のこどもの日。
彼はこいのぼりが欲しくて欲しくて、介護の人におねだりして買ってもらいました。(もちろん親御さんの許可を得てですよ)

彼は本当にうれしかったんですね・・・。
その喜びの余り書いたのが、新聞の折込広告の裏に書いたこの絵です。
一所懸命書いた「こいのぼり」の文字です。
こいのぼりのうろこが、色とりどりの鯉が風に泳ぐ姿が・・・わかりますか?

携帯で撮った「こいのぼり」を持った笑顔一杯のM君の写真があります。
普段めったに見せない笑顔だそうです。

この絵とその写真と。

もう・・・僕たちが随分遠くに忘れてきてしまった素直な、真直ぐな「心」を見せられたような気がします。

この絵は事務所のPCの脇に貼って置きます。
僕も素直な心を少しでも忘れないために。
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-09 08:52 |


<< 家電製品 霧雨 >>