改正道路交通法

今日から6月です。

よく考えると爽やかたるべき5月の最後の記事がよりによって、昨日のあれでは・・・。
いささか後悔しております。削除しちゃおうかとも思ったのですが、あれはあれで立派な僕の一側面でもありますので、そのままにしておきます。
まぁ、いずれにしてもほろ酔いでブログに書き込みをするのは今後慎みたいと存じます。
お目汚し失礼いたしました。

という訳で、本日より改正道路交通法が施行されます。
駐車違反の取締りを民間委託にし、よりスピーディーに駐車違反の取締りをする。
それにより警察業務に余剰労力を生み出し、他の業務に当る事が可能・・・という事らしいのですが。

現状の駐車違反の状態を鑑みて(特に都市部はひどい)、これはもう已むに已まれぬ策なんだとは思います。
しかしもっと検討すべき事柄はたくさんありそうです。

例えば、急病人や障害のある方を病院へ運ぶ際に、止むを得ず路上駐車なんていうシチュエーションは充分考えられます。運送業の人たちだっていちいち駐車場に入れてたら仕事にならないし、かといって駐車違反対策のために助手を雇っていたら、結局運送代の値上げに繋がるわけですよね?

確かに今の道路事情がいいなんて誰も思っていないと思います。
だからこそ難しい部分ですね・・・。
ちょこっとの路駐も絶対しちゃいかんとなると、これはまた大変な事だしねぇ。
その辺りの線引きをするのが一番難しそうです。

それから詳細をもっと周知徹底しないと絶対トラブルが起きますよ。
「初日から早くも暴力沙汰」などという新聞見出しが目に飛び込んできそうな気がします。
すでに駐車違反取締りを民間委託にしているイギリスロンドンでは監視員への脅迫、暴行が毎日のように起きているそうな・・・。

ま、そういう無用のトラブルを起こさぬように、自己防衛・・・つまりは不用な路上駐車はしない固い決意を持つしかなさそうです。
そして万が一ちょこっとでも路上駐車をする時は、いざという時の心構えを・・・。
「監視員とやったるぞ~」って言う心構えじゃないですからね。あしからず。
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-01 09:08 | 時事


<< ささやかな冒険 初の試み >>