敗軍の将、兵を語らず

ジーコ監督「まだ未成熟」 ドイツ紙が掲載
2006年6月25日(日) 19時26分 共同通信

 【ハンブルク25日共同】25日付のドイツの全国紙ウェルト日曜版は「酔いからさめて」との見出しで2002年地元大会では躍進したが、今回は1次リーグで敗退した日本と韓国を取り上げた。
 ジーコ監督は両国を「プロ意識、持続力、勝ち抜く精神力に欠けている。何よりも、まだ成熟していない。4年前はそういった不足をホームの利点でカバーした」と分析。さらに、日本の現状については「(Jリーグの)10年ほどの短い期間で、伝統ある欧州のレベルに持っていくのは無理」と語っている。
 また、両国の国民的スポーツは野球で「今後はサッカーへ移行するだろうが、もう少し時間がかかるかも」とのジーコ監督の談話を紹介した。

[ 6月25日 19時26分 更新 ]


何だ?
ジーコのこの言い草は。
結果を出せなかったらこんな言い訳か?
>何よりも、まだ成熟していない。・・・だぁ?
それを仕上げて行くのがジーコの仕事じゃなかったのか?
この期に及んでの責任逃れにも聞こえかねない発言は自分自身の品を落とすよ。
ジーコさん。

敗軍の将、兵を語らず
ジャイアンツの原監督を見習い給え。
これだけ負け続けてもまだジャイアンツ魂とか言い続けてるんだから・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-25 21:57 | 雑感


<< 消費税を上げるためには 一文字違い >>