おもちゃ屋さん

おもちゃ屋さんの前を通った
子ども達が小さい頃に
ずいぶんとお世話になったお店だ

大型のスーパーがあちらこちらに出来たので
客足も少しずつ遠のいているようで
何だか昔とは違って寂れたような気がする

長女が生まれて
初めて赤ちゃん用の玩具を買いに行ったのも
初めて長女と二人きりでおもちゃを買いに行ったのも
このお店だった

入り口の右側にはたくさんのぬいぐるみ
ミッキーマウスやアンパンマンの仲間達
トトロやメイが待ち構えていた

少し奥にはシルバニアの可愛い動物達
うさぎのお母さんが優しげに佇んでいる
森の小さなお家には夢が一杯詰まっていた

プラスチックの質感たっぷりの
おままごとの道具は少し埃を被って
それでもオレンジ色のニンジンや真っ赤なトマトが
八百屋さんの店先のようにかごに入って並んでいた

君はキラキラと瞳を輝かせて
夢中になっておもちゃに埋もれていたね

まだ若くて
あまり豊かではなかったあの頃
父さん、君のささやかな夢を叶えて上げられたのかな
「また今度ね」って言わなかったかな
「今日は見るだけね」って言わなかったかな
繰り返されるいつもの台詞に
素直だった君は「うん」とうなずいたけど
少しだけ悲しい気持ちだったんだろうな

今度、ぬいぐるみを買って帰ろうと思う
あの頃どんなに君が欲しくても買えなかった
一番大きなクマのプーさんのぬいぐるみ

もう喜ばないかな・・・
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-26 08:17 |


<< 可愛さ余って憎さ百倍 消費税を上げるためには >>