骨太な男

また一人、骨太な男が消えた。

7/1、橋本龍太郎元首相が亡くなりました。享年68歳。
いささか早すぎる旅立ちです。

政治家としての彼はややもすると傲岸不遜。そしてものすごい強気の人でしたね。
決して好きなタイプの人ではありませんでしたが、そのリーダー然とした姿は今の小泉さんなどより遥かに適っていた様に思います。
テレビなどで映された睥睨するような眼差しで、記者団を睨み付けていた姿。
クリントン大統領との首脳会談の時に「ハラキリ」の真似をした姿などが印象的に残っています。
身だしなみもきちんとした方で、ポマードでカチッと固めたオールバックの橋龍ヘアは乱れる事はなく、常にダンディであり続けました。

いい意味で常に凛とした、背筋のピシッと伸びた政治家だったと思います。

首相としての功績は、沖縄普天間基地を始めとする沖縄問題に心血を注ぎ、中央省庁再建、日米安保共同宣言を発表し今日の日米関係の礎となった事などがあります。
また消費税5%引き上げをし財政再建を図ったのですが、時流に押し戻されてしまい経済政策の面では見るべきものを残す事は出来ませんでした。

日本歯科医師連盟の献金隠し事件でミソをつけ、結果、派閥の領袖を降り、政界引退へ。
お元気であればまだまだ外交面などでも日本の国益に繋がる仕事ができる方であっただけに、大変残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by kazz1125 | 2006-07-03 09:24 | 雑感


<< 孤高の人 サッカーの名を騙る戦争 >>