嫌な予感

「疎ましかった」 畠山容疑者が動機を供述

 秋田県藤里町の藤里小1年米山豪憲君(7つ)殺害事件で、長女畠山彩香ちゃん=当時(9つ)=を橋から突き落としたことを供述した畠山鈴香容疑者(33)が能代署捜査本部の調べに対し、「疎ましかった」などと供述していることが16日、分かった。
 捜査本部は、17日の豪憲君殺害での起訴後、畠山容疑者を同日中にも彩香ちゃん殺人容疑で再逮捕する方針を固めているが、二転三転した供述を裏付ける詰めの捜査のため、再逮捕が18日となる可能性も出ている。今後は、豪憲君殺害につながる経緯など関連も調べる。
 捜査本部は畠山容疑者が一人娘である彩香ちゃんの世話が面倒になり、犯行に及んだとみて、親子関係や生い立ちなどを詳しく調べ、裏付けを進めるとともに、さらに詳しい動機を追及する。
(共同通信) - 7月16日19時44分更新


誰もが薄々感じてはいたが、あえてそうは信じたくなかった事。
しかしながら嫌な予感はとうとう事実となってしまいました。

亡くなった子どもたちは決して帰ってはきません。

だからこそ、せめて・・・
せめて加害者畠山鈴香は人間らしい心を取り戻して、その深く重い罪を償って欲しい。
そんなあんたでも、彩香ちゃんにとってはたった一人の大切なかけがえの無いお母さんだったんだよ。
絶対に・・・絶対にあっちゃいけないことだったんだよ。



彩香ちゃん、豪憲君のご冥福を改めて、心からお祈り申し上げます。
[PR]
by kazz1125 | 2006-07-16 22:30 | 時事


<< 恐ろしいのは「窮鼠猫を咬む」 都大会出場! >>