恐ろしいのは「窮鼠猫を咬む」

安保理、北朝鮮決議案を全会一致で採択

 【ニューヨーク=白川義和】国連安全保障理事会は15日午後(日本時間16日午前)、北朝鮮のミサイル発射を非難し、弾道ミサイル計画に関連するすべての活動の中止とミサイル発射凍結の再確認、核開発放棄などを求める決議案を全会一致で採択した。

 日本主導の安保理決議案が採択されたのは初めて。国際社会が結束して北朝鮮に核・ミサイル開発の放棄を迫る意思表示となった。

 同決議1695は強制力を伴う国連憲章7章に基づくものではないが、安保理決議自体が各国に順守を義務付ける法的拘束力を持つ。

 決議は、北朝鮮の7月5日の「テポドン2号」など弾道ミサイルの発射を非難し、再発射の兆候があることに「重大な懸念」を表明。核開発を公言している北朝鮮の今回のミサイル発射が「地域と周辺の平和、安定、安全を危うくするものである」と確認した。
(読売新聞) - 7月16日21時42分更新


紆余曲折の末、ようやく国連決議が全会一致で採択されました。
日米の主張と中ロの主張の折衷案で結論を見たようですが、内容はともかく全会一致というところに大きな意義があります。
これにより北朝鮮に対する国際世論の一致を見たわけですから、今後もしミサイル発射実験?などがあればすぐ安保理の諮るところとなります。それによりもちろん国際社会はより強硬な姿勢を強める事となり、中ロも今回のような玉虫色の決着では済ますことは出来なくなるのは言うまでもありません。

ただしそこで一番懸念される事は、孤立無援となった北朝鮮が自暴自棄となる事。
ただでさえ暴走気味の国家運営をさらにエスカレートさせてしまう事が一番恐ろしい事であります。
その場合は標的の最右翼は日本でありアメリカとなりますが、まずは直近の日本が攻撃される事は論を待ちません。

力と力のぶつかり合いでも間違いなく一つの結論を見るでしょう。
しかしそれには恐ろしいほどの犠牲を払うリスクが多分に大きい・・・。
そうはさせないために、やはり北朝鮮との対話を辛抱強く続ける事が一番大切なことになります。

窮鼠猫を咬む」の喩えはここでは絶対にあってはなりません。
[PR]
by kazz1125 | 2006-07-16 23:05 | 時事


<< ・ 嫌な予感 >>