男の見栄の果てに

男性用トイレ“こぼれ”防止 シール狙い的中

関空発、ナニワ新ビジネス
 男性用の小便器に張り付ける直径3センチの小さなシールが思わぬヒット商品になっている。「的があれば狙いたくなる」という男性心理を巧みに利用し“的はずれ”な方向への飛び散りを防ごうというアイデア。一昨年に関西国際空港が考案したところ、商魂たくましい大阪市内の印刷会社が独自に商品化。トイレの汚れに悩む公共施設などに大ウケした。採用例は全国に及んでおり、関空から生まれたナニワのニュービジネスとして注目されそうだ。続く
             (産経新聞) - 7月22日16時23分更新

どうしても男性用トイレの床は汚れてしまい勝ち。
男性は立って小用を足しますので、その時に勢い余ってオシッコが跳ねてしまうとか、最後の雫を下に溢してしまうとか、そんな事が原因でしょうか。
これはそのトイレの汚れを激減させるアイデア商品というわけですが、これが中々の成果ということです。

オシッコで狙いを定める」のは男なら誰もが必ず一度はやった事があると思います。
昔は必ず何処のトイレにもあった、小便器に入れる黄色や黄緑やピンクの消臭用の玉。
あれを狙ってオシッコをした事のある男性は、日本全国成人男子の95%に達します(すっげ~ウソです)。
生来の狩猟本能が現代社会にこうして現れたといっても過言ではないでしょう(信憑性はあまりありません)。

そんなデータや考察はどうでもいいのですが、それを逆手に取ったアイデア商品。
金儲けの種はトイレの便器にも落ちているんですねぇ。


昔、僕が寮生活していた時にトイレに貼ってあった張り紙を思い出しました・・・。
30年ほど前も同じようにトイレの汚れに頭を悩ませていたという事です。
過信がトイレを汚す元であったということでしょうか。
それとも見栄の為せる業か・・・。

「一歩前へ。君のはそんなに長くない・・・。」


ところで何でそんな事知ってる・・・(苦笑)。



追記:この記事300件目の記事でした。ってもうちょっと記事選べばよかったな・・・。
     とにかく皆様ありがとうございます。
[PR]
by kazz1125 | 2006-07-23 09:49 | 世間話


<< 世界一美味しい水 祈り >>