営み

夕暮れの空
蜩が時を惜しむように
その短い命を鳴き尽くしている

戸を開け放たれた縁側には
老人が団扇をふわりふわり
傍らでは
蚊取線香の煙もゆらりゆらり
あるともなしの風がそよいでいる

NHKラジオのニュースでは
今日の最高気温と
明日の再びの猛暑の訳を
難解な気象用語で説明してくれる

今夜は上弦の月
天空の営みは今日も変わらず

今日の営みも
特に何も変わらない
そのありふれた日常の
ありがたさを知った事が
変わった事と言えるだろうか
[PR]
by kazz1125 | 2006-08-02 18:16 |


<< ラーメン11 巨人離れ >>