直線

f0056698_16443961.jpg

八高線:東京八王子と群馬県高崎間約100㎞を結ぶ、ひたすら単線のローカル線。
写真は埼玉県入間市・金子駅~東京都瑞穂町・箱根ヶ崎駅間


永遠に交わる事のない二つのレール。
まるで真っ直ぐに夏空に吸い込まれているようです。
子どもの頃を思い出し、そっとレールに耳を押し当ててみました・・・。


「うわっちっち!」
飛び上がるほど熱かった。
誰も見ていなくて良かった・・・。

追記:この風景を見ていたら思い出した・・・。





思えば遠くへ来たもんだ   詞:武田鉄矢 曲:山木康世

踏み切りの傍に咲く コスモスの花揺らして
貨物列車が走り過ぎる そして夕陽に消えてゆく
十四の頃の僕はいつも 冷たいレールに耳を当て
レールの響き聞きながら 遥かな旅路を夢見てた

思えば遠くへ来たもんだ 故郷離れて6年目
思えば遠くへ来たもんだ この先何処まで行くのやら

筑後の流れに小鮒釣りする人の影
川面に一つ浮かんでた 風が吹くたび揺れていた
二十歳になったばかりの僕は 別れた女を責めながら
いっそ死のうと泣いていた 恋は一度と信じていた

思えば遠くへ来たもんだ 今では女房子ども持ち
思えば遠くへ来たもんだ あの頃恋しく思い出す

眠れぬ夜に酒を飲み 夜汽車の汽笛聞くたびに
僕の耳に遠く近くレールの響きが過ぎてゆく

思えば遠くへ来たもんだ 振り向くたびに故郷は
思えば遠くへ来たもんだ 遠くなるような気がします
思えば遠くへ来たもんだ ここまで一人で来たけれど
思えば遠くへ来たもんだ この先何処まで行くのやら




元気にしてますか?
変わりは無いですか?
御身体だけは・・・どうか大切にしてください。
[PR]
by kazz1125 | 2006-08-13 16:56 | 風景


<< いわゆる 彷徨 >>