忘れ物

忘れ物をかつて一度もしたことがないという人はいないでしょう。

僕も子どもの頃、よ~く忘れ物しました。
ノート、教科書、宿題、提出物、弁当・・・。
ありとあらゆるものを一度ならず二度三度忘れましたね。

その中でも「うわぁ~っやっちゃった」という忘れ物。
これを忘れるのだけは避けたいという・・・。

1.夏。体育で水泳が毎日あるような時期、海水パンツを持って帰るのを忘れる。
翌日もそれを穿かざるを得ない状態になり、友人にばれないようにするのが大変。

2.水泳の授業に備えて海水パンツを穿いていったのは良いが、替えのパンツを持ってゆくのを忘れる。已む無く帰りはノーパン、直ズボン。
いつもと違う感触にとっても落ち着きが悪い・・・。

3.音楽の授業でリコーダーを忘れると悲惨だ。
音楽準備室の片隅から音楽の先生が「どれ使ってもいいのよ!」と優しい声で仰る。
親切なのはありがたいが、誰が吹いたともわからないリコーダーを使うのは、他人の歯ブラシで歯磨きしているようでとっても嫌だったなぁ。

4.弁当箱
折角作ってくれた弁当を忘れるのもたまにあったが、それよりも食べ終わった弁当箱を忘れて帰る事が多かった。
当然弁当箱が無いので翌日の昼飯はおにぎりだけとなるし、翌日になって洗わせられる弁当箱の汚れは、本当に落ちねーんだ・・・。

何だか冴えない学校時代です・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-08-26 11:48 | 世間話


<< 冥王星の行方 夏の終わりに >>