冥王星の行方

何だか突然惑星じゃないことになりました!

正に青天の霹靂、そんな感じですね。

あまり天文分野は詳しくは無いのですが、今回の件はいささか興味あり。
1930年にアメリカのローエル天文台によって発見された星で、他の惑星とは軌道が違うとか、いわゆる惑星の定義とは違う点で仲間に入れてよいのかどうかとか、発見当初から疑問もあったそうです。
まぁ、今回冥王星が惑星の枠から外されたと言うのも、そもそも惑星の定義の曖昧さに原因があることですので、冥王星には何の罪もございません。
星自体がなくなるわけでもないですしねぇ。

あとから発見された「惑星」だったため、クラシックのホルストの『惑星』にも冥王星は含まれておらず、2000年にイギリスのコリン・マシューズと言う作曲家が『冥王星』を書き下ろしたばかり。
そちらも今回の話題と相まって、売れ行きが好調だそうです。

僕が一番心配なのは・・・セーラームーンシリーズの「セーラープルート」の身の処し方が気になります。

宇宙で今一番戸惑ってしまった星・・・冥王星。
ま、太陽系の仲間である事には違いないんですがね・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-08-27 16:39 | 時事


<< 銀座のお値段 忘れ物 >>