読めるが書けない漢字  植物編

大分以前に「読めるが書けない漢字」と言う記事を記しました。
昨日の記事で使った向日葵だの秋桜など、植物の名前の表記には特殊なものが多いようです。

読めるが書けない漢字・・・植物編として、思いつくままに上げてみます。

 葡萄                                 ぶどう
 梔子                                 くちなし
 欅                                   けやき
 躑躅                                 つつじ
 葱                                   ねぎ
 林檎                                 りんご

僕的にはこの辺りは読めますが、書けません。
「ねぎ」「りんご」なんて当たり前に読むくせに、書けって言われたら全然ダメですねぇ。
他のは書くとなったら手も足も出ません。
「つつじ」なんて髑髏(どくろ)に似て見えてしまいます。

さらには・・・・





玉蜀黍・蕃茄・薯蕷芋・薇・甘藍・橄欖・独活・菠薐草・扁桃・鳳梨・万寿果・甘蕉・檬果

全部八百屋さんの店頭に並ぶものばかりです。
もちろん僕も調べたのですが、読めますか?
左から とうもろこし・トマト・とろろいも・ぜんまい・キャベツ・オリーブ・うど・ほうれんそう・アーモンド・パイナップル・パパイア・バナナ・マンゴー・・・だそうです。

「とうもろこし」と「うど」と「バナナ」以外は全然読めませんでした。
4番目の薇(ぜんまい)なんて「黴」(カビ)と区別がつかないかも・・・。
6番目の橄欖(オリーブ)なんて漢字で書くんじゃねーよ、全く。
8番目の扁桃(アーモンド)を見ていたらルゴール液(イソジンですな・・・)を思い出しちゃう始末だし・・。
いやいや漢字に囲まれて生活しているはずなのに、あるわあるわ・・・。
もちっと、勉強した方がいいんでしょうなぁ。


君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね」(by 中原めいこ)と言う昔流行った歌があります。
君たちキウイ・万寿果・檬果だね
この表記なら間違いなくカラオケの歌本では中国曲「夜来香」とかと一緒の所に分類されるはずです。
ま、どうでもいいんですが、こんな事は。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-08 19:32 | 言の葉


<< 大地の力 変わり行く街の片隅に >>