「飲むなら乗るな 乗るなら飲むな」をもう一度

う~ん。止まらないねぇ。
わが町、東村山でも飲酒死亡事故ですって・・・。
僕も時々通る場所です。

加害者は昨晩10:00から朝方4:00まで飲んで、運転して帰る途中だったそうな。
どうしてそれで運転して帰ろうって思うんだろう?


僕もお酒も飲みますし運転もします。
だけど、それがセットになっちゃう事が理解できない。
お酒飲みに行くのに車で出かけているって・・・どう考えても確信犯ですよね?
ビールコップ一杯(それなら良いと言うつもりではないけど)って言うのと訳が違いますもの。

そもそも最近の風潮として、お酒を飲む店であるのにも拘らず、駐車場完備の店があまりにも多い。
関東地方ですと例えばチェーン店の和み亭だとか徳樹庵だとかには立派な駐車場があります。また地方に行けば行くほど小さなスナックとかでも駐車場がある傾向が多いように思います。まさに車で飲みに来て下さいと言わんばかりです。

運転者のモラルに訴えて効果があるのであればそれに越した事はありません。
しかし現状はいかに?
それでも飽き足らず、飲酒運転の取り締まり強化を行っている実状。
しかしながら一向に減らない飲酒運転の事故・・・。
運転者のモラルにだけ頼っていてももはや何の進展も無いのであれば、お酒を提供する側や行政の側からも今後何らかのアプローチが必要になってくるでしょうね。

もはや末期的症状なのかもしれません。

飲酒運転の果てに起こした事故は、被害者のみならず加害者もまた悲惨な人生を送らざる終えません。
そうならないために、もう一度襟を正しましょうね。ドライバー諸氏。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-12 18:40 | 時事


<< 砂の記憶 新しい一歩 >>