竹中平蔵≠神取忍

小泉内閣の総辞職に併せ、竹中平蔵総務大臣が参議院議員をも辞職すると言う意向を表明しました。
平成13年4月の小泉内閣発足当時、経済財政担当大臣として民間から入閣。
その後平成16年の参議院選で比例代表で当選を果たし現在に至るわけですが・・・。

確かに小泉内閣の中で経済再建のためにずいぶん尽力はされたと思います。
時に激しい批判の矢面にさらされもしました。
しかしながら経済回復基調にあるとされている今ですが、経済財政の問題なんて未だ難問山積。全てが解決した訳でもなんでもない・・・。

何だか中途半端な感はどうしても否めません。

それで、繰り上げ当選になるのが神取忍さんでしょ?
幾ら同じ自民党で次点だったからって、この大事な時に彼女が国政の場に登場しても、申し訳ないけどだから何?って感じしかしないもの。
「大仁田厚」を増やしたって国政の場はなんら変わりません。
プロはプロでもレスラーじゃぁ・・・。
残念ながらここで我々国民が求めてるのは「政治経済のプロ」だものねぇ。

何か無責任な感じです。
学者さんは無責任な人が多いのかな・・・?
ま、竹中さんと昨日の御馬鹿さんと一緒にしたらあまりにもかわいそうですけどね。


f0056698_8531866.jpg f0056698_8532789.jpg





VS 
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-16 08:41 | 時事


<< ラーメン14 鏡の国からこんにちは >>