CM

昔からコマーシャルと言うものが好きでした。

「明るいナショナル・・・」
パンシロンでパン・パン・パン・・・」
「何処までも行こう 道は厳しくとも 口笛を吹きながら 走って行こう・・・」
「タケダ・タケダ・タケダ・・・」
ですとか、皆さんも耳に残っているCMソングがたくさんあると思います。
4つ目に挙げたのなんぞは、これが「武田節」って言うんだって本当に思っていましたから・・・(すみません、話作ってます)


初めてラジカセを買ってもらった小学校6年生の頃、色んな音を録音しまくりましたが、その中でラジオのCMだけを録り集めたカセットテープを作った覚えがあります。
残念ながらもちろん今はそんな物は何処に行ってしまったかもわかりませんが・・・。

CMと言うもの。
その使命は商品の宣伝に他ならないのですが、その手法は様々です。
端的な言葉でズバッと表現するもの。
繰り返し繰り返しの言葉で印象付けようとするもの。
そして、人の心の琴線に触れる事によってしっかり心を掴むもの。
余りにも懲りすぎてしまうと本末転倒となって、CM自体は覚えていてもその商品が何だかわからないなどと言う事も起こりがち。
でも、そんなCFにも素敵だなと思えるものもまたたくさんあります。

今、心に響くCM。
明治安田生命のCMがものすごく好きです。
小田和正さんの「たしかなこと」と共に、スライドショーのように流される視聴者の時の断片一つ一つの背景に人の素晴らしさ、生きる事の喜びを示されている気がします。

リンクしてあります。
興味のある方は、アクセスして御覧下さい。

心優しくなれる・・・そんなCMたちです。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-18 00:55 | 雑感


<< 敬老の日 スラムダンク >>