祭りのあと

このブログによく遊びに来て頂く、e-beatさんが23日に静岡・掛川で行われた「吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006」に参加しました。
参加しましたって言うとえらくカッコイイのですが、要は音楽を聴きに言った訳で、別に演奏したのではないんで別にカッコよくは無いです(何をそんなにこだわる必要がある!)
詳細はこちらにリンクしてありますので、のぞいて下さい。





僕が若い頃、いわゆるフォークギターを始めたのは、かぐや姫の影響からでした。
ずいぶんたくさんの曲を練習したものです。
その中でも仲間とセッションを組んでみたくて必死に練習したのが「22才の別れ」。
あのシャッフルのリズムの3フィンガーは苦労しました。
お陰で今でも楽譜なしで弾けます。
リードギターのパートも多分大丈夫でしょう・・・。
自転車みたいなもんです。身体に染み付いちゃってるんですね。

1975年に同じくつま恋で行われた彼らのライブは夜を徹して行われ、それは伝説にすらなっています。当時13歳だった僕はもちろんリアルタイムで見たわけではありません。
今回31年ぶりにそれが再現。
最初は何が何でも行きたかったのですが・・・。

しかし31年と言う年月。それは人を老いさせます。
彼らがあの頃のままであるはずが無い。
僕の若い頃の憧れを現実に引き戻す事にはものすごく抵抗がありました。

しばらく考えてみたのですが、結局止めることにしました。


今、少しだけ後悔しています。行けばよかったかなって。
おそらく彼らのセッションを生で見聞きする事は金輪際無いでしょう。
ま、それも仕方が無い事なんですけど。

僕は「現実」より「憧れ」を選択したんですからね。

e-beatさんが、ご自分の記事の最後に書かれています。
「一大イベントが終わったので寂しいです・・・。」

かつて吉田拓郎は「祭りのあと」と言う曲を歌いました。
まるでこの時を知っていたかのように・・・。


「祭りのあと」 詞・岡本おさみ 曲・吉田拓郎

祭りのあとの淋しさが 嫌でもやって来るのなら
祭りのあとの淋しさは 例えば女で紛らわし

もう帰ろう もう帰ってしまおう
寝静まった 街を抜けて


人を怨むも恥ずかしく 人を褒めるも恥ずかしく
何のために憎むのか 何の怨みで憎むのか

もう眠ろう もう眠ってしまおう
臥待月の出るまでは


日々を慰安が吹き荒れて 帰って行ける場所が無い
日々を慰安が吹き抜けて 死んでしまうに早すぎる

もう笑おう もう笑ってしまおう
昨日の夢は 冗談だったんだと


祭りのあとの淋しさは 死んだ女にくれてやろう
祭りのあとの淋しさは 死んだ男にくれてやろう

もう怨むまい もう怨むのはよそう
今宵の酒に 酔いしれて

もう怨むまい もう怨むのはよそう
今宵の酒に 酔いしれて

[PR]
by kazz1125 | 2006-09-25 18:54 | 音楽


<< 加害者にならないために 秋の三点セット >>