銀盤の上の水増し

スケート界のドンとして君臨してきた日本スケート連盟元会長久永勝一郎氏が背任容疑で逮捕されました。水増し請求で裏金を捻出してそれを私的流用すると言う手法・・・。
スケート界に与えた衝撃は計り知れないものがあったと思います。
全くお金という甘い汁の元にはすぐに悪い虫が集まってくるんですねぇ。
何処も同じか・・・。

どのスポーツの世界でも最も必要かつ学ぶべき事「フェアプレイ」の精神。
それをトップの人間自らが蔑ろにする行為は、到底許さざるべき行為です。
久永氏はその立場を利用して選手育成や環境整備に使うべきお金で私腹を肥やした。
断罪されて然るべしです。

そして何より一所懸命スケートの練習をしている選手たちが本当にお気の毒です。
決して潤沢ではないはずのスケート界。
そんなお金があれば、もっと練習環境を整えてあげる事だってできるかもしれないのに・・・。

今回の事件でトリノオリンピックで折角高まってきたスケート人気に水を指す事にも成りかねません。
ここは一つ、選手をはじめ連盟関係者も銀盤の上の自らの足元を見直して新たなスタートです。


そう!橋本聖子さんが連盟新会長になった事ですし、彼女のフィギュア挑戦!なんていうのも話題づくりには打って付けですね・・・・・・・・・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム、ほんとかい。
[PR]
by kazz1125 | 2006-10-04 09:33 | 時事


<< 顔が見えないチャンピオン 窓の向こうに >>