「ほっ」と。キャンペーン

連鎖反応

無言・脅迫電話や張り紙、朝鮮学校で嫌がらせ続発

 北朝鮮の核実験実施は、在日社会にじわりと影響を及ぼし始めた。核実験実施から3日目となる11日、全国の朝鮮学校にはこれまでに脅迫や嫌がらせ電話など16件の被害が相次いでいることが判明し、学校は警戒を強めて独自の対応を取り始めた。

 北海道朝鮮初中高級学校(札幌市)には、北朝鮮が核実験を実施した9日以降、「北朝鮮に帰れ」「バカ野郎」などという嫌がらせや無言の電話が計11件あったほか、東北朝鮮初中高級学校(仙台市)でも、10日に無言電話が3件あったという。

 また、栃木朝鮮初中級学校(小山市)にも9日、男の声で、「子どもの安全を考えるなら休校しろ」との脅迫電話がかかってきたという。
(読売新聞) - 10月11日16時18分更新


前回のミサイル発射の時もあった事なので、今回も間違いなくまたあるだろうとは思っていました。連鎖反応とでも言うべきか。
しかしながら、これは良くないですね。
北朝鮮のやり方が間違っているのを主張するのなら正面切って堂々とすればいいんであって、こそこそとそんな卑劣な事をするのは人の道に悖ります。
ましてや在日の学生や子どもたちには何の罪も無いのは明らかなのだから・・・。

北朝鮮との関係。
どうあるのが日本の国益に適うのか?
国益があるのかどうかも僕にはよく分かりません。
正直言って仲良くしてもいいことがあるようには思えない国ではあります。
しかし冷静に考えて、喧嘩をしたからといってすぐに刃物を持ち出すような、今のような関係が良いとは思えない。
まずは冷静に話し合いのテーブルに付ける様にする事・・・なのでしょうか。
少なくとも在日の人たちは北に住んでいる人たちよりは遥かに国際情勢や日本の世論を感じられる人たちのはずですから、そこを窓口に突破口を見出すと言うのも方法論の一つかもしれません。
両刃の剣ではありますがね。

何も理不尽な相手のレベルに合わせることは無い。
正々堂々と行きましょう。
正義を失う必要は何も無いのですから。
[PR]
by kazz1125 | 2006-10-11 19:24 | 雑感


<< 阪神ファンの心意気 14才の母 >>